×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



09.09.15

今年も行ってきました。今回は長野県側のエコーラインではなく、岐阜県側の スカイラインから上ることにしました。計画では乗鞍高原温泉に前泊、早朝、 安房峠を越えて平湯温泉へ下り、そこから平湯峠、乗鞍スカイラインへ上り、 後はエコーラインを下って、再び乗鞍高原温泉に…というルートでしたが、 生憎の天気…。ちょっとコース変更しました。                      

現地までは車で移動です。新幹線で松本まで移動し、そこから自走も 考えたのですが、日程の都合上、圧縮するために。当初は自走で美ヶ原 も含めてがっちり走る気で、サイドバックとテントまで準備していたの ですが… ちなみに写真は上信越道の横川SA(下り)。
横川名物「峠の釜飯」。これ食べたの、良く考えると大学1年の新歓ラン の時だけのような。近くにあると意外と食べないもので。たまにはと言 う事で買ってみました。
久しぶりに食べると結構うまいです。「横川上りSAでも釜飯が買えるよう になりました」だそうです。上りは高崎弁当(高弁)の縄張りでしたっけ? たしか。 …とここで宿の予約を。松本でキャンプでもしようかと思ってましたが、 たまには何処かに宿泊しましょう。寒いし…。ということで、携帯電話 でサクサクと検索。乗鞍高原温泉に宿があったので、早速素泊まりで予約。 便利ですね。電話片っ端から掛けなくても、ボタンちょいちょいと押すだ けで予約出来てしまいます。まぁ、圏外だとインターネットどころか、通話 すら出来ないので…山の中で困ったときなどはどうしようも無いかも。 ちなみに、乗鞍近辺はソフトバンク圏外です…。
お腹を満たしたところで、上信越道を快走。佐久で下道に下りて、 テールライト用のボタン電池を購入。安房峠までのトンネル群はこれが 無いと危ないです。轢かれます。
上田まで国道17号を走り、青木峠へ。青木峠にいく途中のスーパーが なくなっていました。これも時の流れでしょうか。自転車で来ていたら 良い補給場所なのですが。
峠は全く変わっていないですね。静かな峠で結構好きです。隣に三才山 トンネルがありますが、安房峠に向かうときは、この峠で。
ここを通るたびに、土砂降りだったあの合宿を思い出します。
青木峠を越えたら、松本へ。別に乗鞍高原に行くだけなら松本は スルー出来るのですが、せっかく来たので寄ってみましょう。松 本城近くに市営の大きい駐車場があります。夕飯も松本で食べようと 思ったのですが、リサーチ不足…
結局、時間の都合で急ぎ足で宿へ。飯は明日の補給も含めてコンビニで 買い込みました。ちょっと松本城でボーっとしすぎた…。で、予定の夜 7時に宿に到着。美鈴荘というところにお邪魔しました。 で、早速宿の温泉に。乗鞍の温泉は場所にもよるようですが、ここは 乗鞍温泉のイメージ通り、白濁で硫黄臭が結構する温泉。入った日は 一日中硫黄の匂いがぷんぷんします。群馬の草津もそうですが、こう いう強烈な個性のある温泉好きです。 で、風呂上りに一杯…。気分よくなったところで、明日の準備。車から 自転車を下ろし、準備万端の状態に。
翌朝、4時に起床。目を覚ますために温泉へ。露天に行って雲の様子を 確認しよう。昨晩は綺麗に星が見えました。で、今日は…見えない… っていうか雨が降ってるし…。 天気予報を確認。全国的に雨・曇り。「雨は降りっぱなしでは無く、やむ 時間帯もあるでしょう。午後からの天気は回復してきます。」  ということだそうなので、少し様子をみます。 今回、雨装備は持っていないです…。景色の良い朝の安房峠を上りたい 訳で、あの時の安房峠を再現するつもりは無いです。。「晴れ」もしくは 「曇り」が前提な訳で。 が、雨は弱まることなく強くなり始めたので、午後から回復という予報を 信じて、とりあえず車で向かいます。今回は安房峠はパス。メインの乗鞍 に賭けます。
6:00、安房峠。雨は降ってはいますが、走行に支障の無い程度の小雨。 穂高の山も見えるので、これはいけるな…
あぁ、でも快晴の安房峠を上りたかった・・
さて、ここからは平湯温泉までいっきに下ります。で、何処から乗鞍へ 走り始めるか…。パターンとしては 1、平湯温泉から 2、平湯峠(乗鞍スカイラインゲート)から 3、? でしょうが、それだと余りに安直・楽すぎて面白くないので、平湯温泉から 更に10キロ下った所の栃尾温泉へ。道の駅、奥飛騨温泉郷上宝があるので、 そこからスタートです。 2006年夏、ミニベロで実家へ帰った際もこのルート。
天気は…大丈夫でしょう。よくあるパターンですが、早朝雨で走るのを 中止したら、その後、予想以上に晴れて悔しい思いをするとか…。
以前のレポートにも書きましたが、えらい綺麗。おそらく近くの水力発電 所から来る排水でしょうが、透明度抜群。奥は川の水。
平湯温泉も乗鞍もあっちの方
いや〜、なつかしい。この赤い橋、大いに見覚えあり。 サイドバックが付いているのは、当初、キャンプツーリングをする つもりだったから…。でも、もうこの辺りでキャンプは寒くてキツイ でしょうね。準備不足もあってやめましたが。まぁ、補給食と防寒着、 お土産積載用ということで。
この辺りの、この雰囲気は良いですね。次に何があるのか、走っていて ワクワクするものがあります。
ここから平湯温泉までは10キロの上りです。過去に下ったときは、勾配 が結構あった印象なのですが、どうかな。
前回の林道走行の反省から、スプロケのロー側を9Sの32Tに替えているので、 無理なく上れます。ただ、これ以上の積載量と勾配の場合はフロントも小さ くしないと駄目でしょうね。ツーリング車として使うなら、もう少し改良し ないと。 左が平湯温泉街。今は用がないので、直進。補給が必要な場合は…早朝 食べれるところってあるかな…少なくともコンビ二はないです。
平湯トンネルへ続く国道。あの道の先に高山市街地があります。 あのループをみると、結構ゲッソリ??
順調に上ること、1時間弱。平湯温泉、安房トンネル入り口部分に到着。
左が乗鞍方面。スカイラインに入る前に、平湯峠をクリアしないと駄目です。
平湯トンネルの反対側もそうなのですが、結構勾配がきつかった 様な記憶があります。
静かな山道。この先、マイカー規制なので、車は殆ど来ないです。用のある 車は平湯トンネルを抜けますし。
高度が徐々に上がってきます。
平湯温泉方面。先ほど上って来た道が見えます。もうこんなに上ったっけ??
後半の勾配はキツイです。
余裕をみたギア設定にしないと、乗鞍上る前に力尽きそうです。
山の上は霧でしょうか。晴れ間があると良いのですが。
こんな雰囲気になると、もうすぐ峠&乗鞍スカイライン入り口です。
ここに車をとめて、乗り出せば、随分楽でしょうね。流石に楽すぎて どうかと思いますが。
ゲートで幾つか注意事項を告げられました。 1、今朝の上の気温は1度 2、上は雨と霧、走行は気をつけて 3、熊が出るから気をつけて
で、早速上り始めます。熊注意の看板が結構あります。写真はアライグマで 可愛いのですが、本当に気の荒い熊と鉢合わせになったら堪りません…。 藪でガサガサと獣の気配を感じる時があるのですが、おっかなくて仕方が 無いです。鈴もってきたら良かった。
そうそう、こんな感じの道でしたね。
夫婦松手前。
駐車場はガラガラ。マイカー規制があるので、ここが満車になることは もう無いでしょうね。バスもスルーしていきますし。
天気、どうかな…
売店等は一切無く、トイレだけあります。100円です。ここで入れたお 金は汚水の汲み取り等にあてられるそうです。きちんと管理してもらう ためのものなので、そこは意味を理解してお金は入れましょう。
夫婦松。でも、一本だけ…
これだけ上りました。天気が良ければ、展望も良好でしょうか??
高度が上がってきました。
あ、霧がかかってきましたね。2003年に上った時、夫婦松から荒涼な景色 になるまでの間の記憶が余り無いです。
どんどん濃くなってきます
視界がかなり悪いです。走ってくるバスの音は聞こえますが、姿が見えず。 直前になってライトが見え、すぐすれ違うと言ったかんじ。工事車両がハザ ードたかずに停車していましたが、速度が出ていると気づかず追突しそうです。 危ない、危ない。出来れば、こちらもテールライトとライトは点灯したほうがい いです。
気がつくと、木々が無くなりこんな風景に。2003年、夫婦松からここまでの記憶が 薄かった理由は…真っ白で何も見えなかったから…でしょうね…
天気が良いと景色が抜群に良いはずです。
まぁ、残念ながら延々とこんな感じで・・
これが左に見えると、畳平はもうすぐです。
お、やっと見えてきましたね。左がエコーライン、直進が畳平。
出発してから約5時間、約30キロの上り。意外と時間が掛かりました。。 お決まりの真っ白な乗鞍。
レストハウス見えません。
あ、ようやく発見。自転車には一応鍵をかけておきましょう。 乗っていかれることはまず無いでしょうが、移動させられる可能性は あります。こんな真っ白な状態だと発見するのも一苦労というか、発見出 来なかったりして。
毎度おなじみレストハウス食堂にて。おでんと飛騨牛カレー。 中華丼は無くなってましたね・・お値段は多少張りますが、ここで ケチっても仕方ないです。折角きたなら、がっちりと。 ここのレストハウスにもトイレがあります。別にゲートがある訳では ないのですが一応、有料です。バスで上がって来たと思われる観光客 の人が「トイレ無料で良いって!」なんて話してましたが…足元を見て 料金を取っている訳ではないですし、なんで有料なのか理解してもら いたいものです。
少しレストハウスで様子を見ていたのですが、晴れる気は一切なさそうです。 雨が結構降ってきたし…
気温はかなり低いです。下界で言われた1℃以上はあるような気はしますが、 それでも確実に2〜3℃な感じ? 無風状態だといいのですが、雨風に晒され るとヤバイです。今朝の安房峠は12度程でした。乗鞍は別格ですね。。 上着は真冬の格好で完全防備。足元が……。正直、下りはいらないです。。
か、顔が痛い…雨のせいもあって、今までの中で一番寒いです…。 いつものパターンだと、途中から霧が無くなり、日がさし、徐々に 気温が暖かくなり、ぬれた体も自転車も乾いていく…
いつ霧から抜け出す?
まだ霧から抜けない?
夫婦松。 霧…ありえない。悪化してるし・・
で、ゲート。ここも真っ白…雨もやむ気配が無く、びっちょびちょ…
午後から回復なんていってましたが、むしろ悪化… ウインドブレーカーから内部に水がしみてきたし
気温が上がってきたのは分かったのですが、それでも十分寒いです。 足がガタガタきてるんですが… 右が平湯温泉。これなら平湯から走っても良かったかな・・。 ここからまだ10キロも下るとなると、ちょっと鬱。
とにかく、他には目もくれずひたすら下り、1時間半掛かってやっと橋ま で下りきりました。
道の駅に戻った後、すぐに着替えて、近くの温泉へ。橋の直ぐ近くにあります。 栃尾温泉の看板の前。志200円。まぁ、気持ちですね。ここも確り入れておき ましょう。実質無料なので、露天風呂だけです。乗鞍の温泉とは違い、あっさ りした単純泉。冷えた体があったまる・・
今度は泊まりたいですね。穂高に上るロープウェイもあります。天気の良い日 にいってみたいです。安房峠とスカイラインは再挑戦したいので、また来年 ですかね。
帰りは安房トンネルを抜けて行きます。有料。中部縦貫道。6年前とトンネル 前後の様子が一切変わってないのですが、工事を進める気はあるんでしょうか… 松本からは高速で。高崎までは4時間。水戸なら6〜7時間? 遠いな。。




トップ