×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



09.06.26

NOVAにロードランナーを履かせ、ツーリング仕様にしたので早速行って来ました。 今回は輪行で常磐線いずみ駅〜湯ノ岳パノラマライン(593.6m)〜折松林道〜硯石林道〜 いわき鶴石牧場・鶴石山(767.5m)〜鶴石山林道〜常磐線いわき駅の70キロほどのコース。 ギアの設定がロード寄りのままなので、登坂はかなりきつかったです。。これは要改善。                      

早朝6時前からスタートです。というか、今回のは思いつきの企画なので、 昨夜は深夜1時半ころまで起きていたんですが。。。ね、眠い…けど、今 日のルートは期待が膨らむ。 駅に行くのにこんな道を通るなんてファンタスティック(?) 水戸市内は 緑地が多いようで。
駅前で輪行準備。水戸から電車にのるのは初めて…でもないか。でも、 電車なんて久しぶりなのでワクワクです。
8時前にいわき駅手前のいずみ駅に到着。
青看板を見ながら常磐道のいわき湯元IC方面へ。目指すのは正面の 湯ノ岳です。
パノラマラインへ突入。常磐道の下を潜り抜けて…
勾配8%。NOVAのギア設定…ヤバイかも。。。ロード系のギアなので あっという間に使い切ります。。。
日陰が無い、片側2車線路。あっつぅ…水分補給はこまめに。
夏の水場はオアシスですね。とりあえず、頭からかぶってクールダウン。 気持ちよすぎる…
小名浜方面。展望良好。
にしても、日陰が無い…
ここが一番のヴュースポットかもしれません。山頂まであと少し。
日陰が多くなってくると、もうすぐゴール。展望台へ向かいます。
広い駐車場です。プチサーキット化しているようです。売店も自販機も 何も無いですね。。。あるのはトイレだけ。
展望台へ上がります。
展望台の展望は余りよくないんですよね。。展望台より先に見える山へと これから向かいます。結構アップダウンがきつそうな予感。
と、思いきや結構フラットな道が多いです。
暫く細い道を進むと…こんな山の上に民家があるとは…
民家の前を過ぎて、三大明神ハンモックガーデンというレジャー施設を 過ぎると分岐があるので、そこを左折。
更に下るとまた分岐があるので、ここも左折。
ここからダートの始まりです。
ここも思ったよりも、フラットなダート。やや上り。
見晴らしも良いです。
勾配のある所はアスファルト舗装になります。うお、結構きついわ・・・
ここから、分岐のオンパレードです。ツーリングマップルの尺度だと 大雑把すぎ。地元の車が来たので、ちょっとルートを確認。ここは左。
これであってるのか・・・やや上りのダート。ここは電線に沿っていけば 良いです。後半は結構上ります。体力を温存しないと、後半もたないです。
またまた分岐。どっちだ…。
左が田代山…地図を確認すると山の方向が逆。ここは右かな。
しばらく行くと、ガンガン下り始めます。間違えたかな…
南西に下ってる。。。しかも沢が脇にあるし、折松川みたいですね。 谷に下りたから…やっぱりミスったかも。
と、思いきや分岐。下ってきて右手(写真は左手)が折松方面らしい。折松林道 に行きたいので、右(写真は左)か…な? 上っていきます。
あっちー。水が足りなくなりかも…。どんどん上ります。
って、また分岐かい! 案内板消えてるし。。ここは勘で上りを選択。
あってたかな…。林道で怖いのが3パターン。一つ目は只管上って行き止まりでガックリ。 二つ目は只管下って行き止まりで絶望…。三つ目は少ないですが、また同じところにループ してきて「なんで!?」…というパターン。どれも嫌です。少ない情報・尺度の大きい地図と 実際の地形で推理しながら進みます。
やばい、水が足らなくなるかも…! こんな山の中で脱水症状・熱中症 になるとヤバイので、空きのペットボトルに沢の水を詰めておきます。 飲まなくても、頭からかぶったりするためにも、採取できる時に採取し ておかないとまずいです。
ここから、下り始めます。再び分岐。左手に沢が流れているので、ここも 推測で上りを選択。ここから硯石林道かな?
あ、暑すぎる…。体力もやばいです。気力で進みます。この先に素晴らしい 景色があると信じて…。
なんか開けましたね。遠野牧場って書いてますが、私の古い地図には載って ません…鶴石牧場のこと? ここは右折でまたまた上ります。
九十九折で結構上ってそろそろ体力も限界…と、ここでやっと上りも 終点かな。
牛が沢山います。鶴石牧場でしょうね。となると、もうすぐ下りのはず! って、カメラ向けたら、集団でこっちに向かってきたんですが、こわ…!
小さい上りはありますが、基本、もう下りです。
じゃんじゃん下ります。砂利にも随分慣れ、そこそこのペースで下ります。
相当、下った所で、やっと民家が見えてきました。人気のない林道から、 人の生活が見える所にでる、この瞬間は良いですね。いつも生還した気分 になります?
なんちゅう、上りじゃ。。疲れた体に拷問だ…
あ〜、もう砂利道はお腹いっぱいですから
上りもそこそこに下りはじめます。
国道49号。郡山・磐梯山に行ったときに車で何度か通ったので、結構覚えてますね。 トラックが多いですね。後ろに何台も引き連れてきます。特に磐越道いわき三和IC 以降は上下線ともゾロゾロと車が来るので、道路渡れません。。
いわき水石トンネル(1385m)。下り車線側に広い歩道があります。 トラックが多いため中の空気は劣悪…
トンネルを過ぎると、いわきまでグングン高度を下げていきます。これ、 逆から上ってくるのは…距離が長いですし、車も多いので大変そうです。
後半、力尽きてます。広いバイパスの歩道をゆっくり流します。
いわき市街地。さて、ここで、何処かの温泉で汗を流して、ビールでも 飲みながらご飯を食べよう! …と思っていたわけですが、いわき駅周辺 には何も無いんですね。近くを結構ウロウロしたのですが…なにも無く…。
時間も夕方5時なので、結局、諦めていわき駅から輪行で帰宅。乗客も少な いので輪行しやすいですね。

今回のルートを真似する際は、もっと細かい地図が無いと絶対迷うと思います。 あと、補給地点が無いので水分と食料は十分な量が必要です。山の中で、ハンガ ーノック・脱水・熱中症はヤバイので。って、今回、なにもかもギリギリだった のでちょっと反省。ギアは…どうしようかな




トップ