×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



07.05.29

群馬県には何気に結構行ってるんですが、ほとんどの時間を高崎 だけで過ごしていたり…。折角行くなら、自転車に乗ったり、観 光をしたりしたいところです。

では、どこに行こうか…? 個人的に行きたい所は結構あります すが、群馬までの移動時間も考えるとあまり時間に余裕がなかっ たりします。キチキチに詰まった日程だと疲れるので、出来るだ け短い時間で濃〜い〜内容を過ごせる場所が良い…。ということ で、温泉にも入れて、山にも上れて、観光も出来る草津に行くこ とにしました。

朝9時前のちょっと遅い出発。ヴィッツ君に荷物を積み込みます。 愛車のアンカーも含めて自転車3台、ホイール1セット。ちょっと心配 していたんですが、意外と入りますね…。後で気がづいたんですが、 前後ホイールを外した状態だと横積みも可能。自転車1台だけなら、 後部座席を倒さずに車載できます。
群馬(高崎)までは3時間ちょっと。草津までは5時間掛かるか掛からない か…くらいでしょうか? ずっと下道なもので…。北関東自動車道があれ ば使っても良いかなと思うんですが…残念ながらまだまだ未完成。

深夜〜明け方の国道50号はまるで皆が競争しているかのように、かなーり 速いペースで車が流れているんですが、明るいうちはみんな静かです(笑)。 まあ、エコ&安全運転で。
前橋でサイクルショップタキザワによって買い物をしたり、昼ごはんを 食べたりしたので、草津に着いたのは15時前…。ちょっとダラダラしす ぎたかな…。
日暮れまであまり時間も無いですし、早速自転車を出して渋峠へ向かう 準備をします。峠を上った後はゆっくりと温泉! さーて、気合を入れて 上ろう!…と思ったんですが。。
いつも下にはくズボン忘れた…最悪。Gパン(今はデニム?) はありえない…。折角、メットまで持ってきたのに被る気にもなれません…。まあ、 いつも着る上着は持ってきていたので、まだましか。。
気合の入らないまま出発。。
山の方は白い…かな?
順調に上っていきます。流石にこの時間になると上ってくる車も少なく、 快適に走れます。

それにしても…
Gパンきつい…汗ばむとくっ付いて鬱陶しいことこの上ない…。
殺生河原に近づくと景色が変わり始めます。
↑殺生河原にあるロープウェイ駅。硫黄の香りがぷんぷんと漂ってきます。

上ってきた道を振り返るとこんな感じです。あぁ、乗鞍も行きたいなぁ。
地面からモクモクと水蒸気が立ち上る殺生河原。相変わらず凄い 風景です。「源泉かけ流し」の草津温泉。納得です(?)。
まさに「山岳道路」といった感じですね。風景に関しては乗鞍以上の インパクトがあります。

一度、空気の澄んだ明け方辺りに上ってみたいですね。今度来るときは 宿でもとろうかと。
中腹辺りまで来ると気温はかなり下がり、蒸れて鬱陶しかったGパン もさほど気にならなくなってきました。
もう5月も終わりというのに、まだ雪が残っています。
ん〜、霧が出てきた。。
気が付いたら白根山のレストハウス前。ここまでは1時間20分ほど。
時間は16時すぎなので観光客の姿はまばらです。時間に余裕があれば 湯釜まで足を伸ばしたい所ですが、霧も濃いので行ってもどうせよく 見えないでしょう。ということで、いつもの様に白根山の看板前で写 真を撮ってから、早足で渋峠へと向かいます。
写真では分かりませんが、分岐になっています。万座温泉へと続く道です。 4年前、S先輩と一緒に来たときはここを下って、有料道路をこそこそと(?) 走ったんです。懐かしいですね〜。それにしても、もう4年も前の事とは…
霧が一層濃くなってきました。それにしても気温がかなり低いです。 動いていないと寒い…指きりグローブだと手がかじかむ…。雪が残っ ていることにも納得出来ます。
うお、真っ白。
白根山のレストハウスから渋峠までの国道292号はアップダウンがあり、 疲れた足には意外とキツイんですよね。先の見えない霧の中をひたすら 走ります。ん〜、国道最高地点はまだか? まだか??
レストハウスから約30分。ようやく国道最高地点(標高2172m)に到着。 ここでいつも思うんですが、渋峠はどこ…と?? 標高で言うとここが峠の はずですが、地図だと数百メートル先の県境が峠になっています。
クリックして拡大。
渋峠ヒュッテに到着! 左が群馬県、右が長野県です。ヒュッテはもう営業 時間終了。あいていれば食事が出来ます。宿泊も可能。
ちょうど県境です。「長野県」の看板が朽ち果ててます…。
さーて、本日の目標は達成したので、草津温泉へと戻ります。
17時過ぎ、白根山レストハウスも閉店。それにしても寒い…
無事に下山。すっかり体が冷えてしまいました。さて温泉、温泉!  ささっと着替えて日帰り温泉大滝の湯へと向かいます。
一方通行の多い草津の温泉街ですが、もう慣れたもので迷うことなく ちゃっちゃと到着。
かなりゆっくりと温泉につかっていました。全国各地に温泉はありますが、 やっぱり草津の湯は良いですね。

体をよーく温めてから、夜の湯畑へ。しかし、まぁどこからこれだけの お湯が出てくるんでしょうか。
もっとゆっくりしたいところですが、そろそろ。
夜、高崎に戻ってから部のみんなとD路宅で飲んでました。 いや〜、宅呑みって良いなぁ。みなさん、わざわざ付き合っていただいて 有難うございます。

翌朝は朝練に参加して、自転車を組み立てて…群馬を満喫。また、機会が あったら行きますね。




トップ