×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ツール・ド・草津 05.04.18
今回で10回目のツール・ド・草津に参加してきました。
コース概要は地図の通り。



当日は天気がよく、気温も高め。
昨日は寒かったので、山頂付近の気温を心配していましたが…。
受付は前日に済ませてあるので、会場について早速自転車の準備をして開会式へ。




会場には色々な自転車が勢ぞろい。
自分は男子MTBのクラスなので、一通り眺めてみる…MARINが無いことを確かめる(?)。

そうこうしている内に、ロードAクラス、Bクラスと順次スタート。
自分も真ん中の方まで移動してスタート。最初は計測区間外の温泉街
を4`ほど走るので、特に急ぐことも無くウォームアップ程度に。
途中、お土産屋で温泉饅頭を買う人も…。

こうしてスタート地点まで戻ってきたところで、計測開始。
スタート地点からゴールまでずっと上り道ですが、なかなか
順調なペースで走ることが出来ました。

================================================

さて、競技中の写真は全く無いのですが、以前に走った時の
写真があるのでついでに、というか折角なので一緒に紹介して
おきます。因みに写真は夏です。



最初は林の中のを走る道が続き、次第に木々の高さが低くなって
きます。森林限界というか、火山なので土壌の関係でしょうか?? 



しばらく進んで、殺生河原のところまでくると、景色が変わります。
岩がむき出しになり、蒸気が立ち上り、かなりの硫黄臭。
硫化水素の為、駐停車厳禁区間…さすが草津。なかなか、面白いと
ころですが、レース中は正直息苦しいです…。



上の写真はだいたい中間地点のところ。山岳道路という感じですね。
乗鞍と同じような感じですが、インパクトはこっちの方が強いかも。
道には相変わらず駐停車禁止の文字。

写真撮影した当時は7月でしたが、まだ所々に雪が残っていて寒かった
です。なので、レース中はずっと雪の回廊の中を進むのかと思ってい
ましたが、それ程雪はありませんでしたね。ちょっと残念。

 

かなり道がうねってます。そのため、勾配もそれ程きつくありません。
ただ、観光シーズンに車が多く、いろんな意味できつくなりますが…。
自転車にとってみれば乗鞍のようにマイカー規制があれば良いのですが、
乗鞍と違って交通の便が悪くなりすぎるので…無理かな。

それにしても、見慣れない荒涼とした景色はなかなか凄いです。

さて、コースも後半に差し掛かり、一キロごとに看板が立ち始めました。
あと3`ほど。標高が高くなるに連れて風が強くなり始めます。上手く
追い風を利用したり、人の後ろについたり。なかには列をつくってラスト
スパート状態のレーサー集団も。思っていたほどペースは乱れることなく
順調に進みゴールが見えたところでラストスパート。そしてゴール。寒い…。

タイムはこの時点では不明。順位も不明。なぜか足ではなく肘が痛い…。寒いせい?
とりあえず、暖かいレストハウスにはいり、ロードのクラスだったM氏&H氏
と合流。暖かいココアを無料で配っていたので頂く。体が温まる〜。

で、休憩もそこそこに記念撮影↓
 

ちなみに、ここから約3分ほど歩いて上ったところに、湯釜があります。
白根山の火口に出来た湖でなかなか神秘的です。
 

こうして、下山後、そのまま閉会式。閉会式後には抽選会があったんですが…
なにも当たらず。あたっても、会場にいなかった為に流れたひとも沢山
いたのに。。まあ、いいや。帰りには温泉無料券が参加賞であったので
皆でよってから帰宅。

で、結果ですが、男子MTB完走者160人中37位。タイムは1:00:18。アベレージ17.9km/h。
ちなみに、同クラス優勝者のタイムは00:43:05。アベレージ25.5km/h。
まだまだタイムは伸ばせますね。またでる機会があれば挑戦したいです。


top