×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




2004/01/18/sun 二度上峠ツーリング 〜「そうだ、浅間山を見に行こう。」〜
ミニベロMB-1を購入して試走を何度か繰り返してきました。今回は長い登坂と長距離で
どういった感じか試してみます。


出発したのは10:00過ぎ。天気は久しぶりの快晴で風もなくツーリング日和です♪
いつもの様に河川敷のサイクリングロードを走り、国道406号線(草津街道)に入り
ます。そういえばボトル持ってくるの忘れた…。
  

406号は軽いアップ中心の道です。ここは意外と良いペースで走り県道54号(長野原
倉淵線)の手前のコンビニでお握り三個と1Lのスポーツドリンクを購入してからしば
らく休憩。この時の気温は約5℃。日差しもあるので結構温かい。

そして再出発後、すぐに二度上峠の入り口である権田の交差点に到着。ここを左折
して県道54号に入ります。


去年、渋峠の帰りに北軽井沢側から上って下りましたが…この時は峠からここの交
差点に来るまで途轍もなく長い下りで結構辛かった記憶が…。日が暮れて暗かった
からかなぁ。そんなこともあって、少し気合を入れて上り調子の道を走ります。
 
しばらく行くと道沿いの民家が無くなってきました。ここの辺りから「無駄じゃな
いか?」と思うほど綺麗な道になります。そろそろ、影になっている部分には雪が
…大丈夫かな…。しかも、たまに猿がいてちょっとおっかないです。ここの猿はおと
なしいようですが。
 

こうして、12:00頃に「はまゆう荘」のところまで来ました。宿泊の他、入浴や軽食
も可能だそうです。ここから先は九十九折の本格的な峠道になるので、ここで休憩
や軽食をとるのも良いですね。しかしまあ、よく見るとここからは道全体に雪が…
凍結はしていないから良いけど…この先大丈夫かな?
 

で、実際に上り始めると道には滑り止めの砂が撒かれている様子。パウダー状の雪
と砂が混じっていてタイヤは意外とグリップしてくれます。結構楽しい♪ 中盤に
差し掛かると、日の当たる箇所が増え、雪は写真のように溶けています。日陰は相
変わらずですが。
 
 

そして、峠の後半はだらだらと上ります。途中からは峠にある「浅間山」と書かれ
た看板が小さく見えてきます。あそこが峠か…勾配は無いけど長いなあ…。
こうして体も気持ちもだれてきた頃、ようやく峠に到着。いきなり目の前に雄大な
浅間山の姿が見えて思わず声を上げたくなりますが…峠には浅間山を見に来ている
人が何人かいたのでそれは遠慮しときました(^^;)。
 

そして峠で記念写真♪


しばらくボーっと浅間山を眺めてから下りの準備。少し厚着をして下ります。下り
は慎重にノロノロと。寒い…上っている時は暑いくらいでしたが、下りになるとさ
すがに寒いです。ブレーキを握る手も冷たい。そして、なんとか無事に「はまゆう
荘」まで戻って来ました。ここまで来ればもうこっちのもの。一気に快適な道を下
り国道406号へ行き、そのまま高崎へ。


今回の試走ではなかなか素直な感じで良かったです。スプロケは25tでギリギリOK。
恐らく、あと少し勾配がきつければ27tが必要かな…。ポジションは今のところ特
に問題なしでした。


今回の走行距離93,7km





トップ