×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   ○まずは分解 2007.7.9



サシェを構成しているパーツは基本的に軽快車のパーツです。
スポーツ車系のパーツとの互換性がさっぱり分かりません…。
とりあえず、まずはじっくりと見てみることに。

サシェで気になるのはギアの軽さ。超高回転型です。。というこ
とで、フロントのギアを60Tくらいの特大ギアにしようと考えて
いますが、その前にリアのフリーの歯数を16T以下に落とせない
かな…と。で、ちょっとだけばらしてみました。



フリーを外して、14Tのフリーを装着。と思ったんですが、ピッチ
が合わない…。どうやら、ハブ交換無しで14Tの小径フリーへの変
更は無理みたいです。16Tが最小。。フロントの特大化が必要。



とりあえず駆動系には色々と障壁が多いので、細かな所から手を加
えていきます。サシェのハブは前後ともナット止めです。別にナッ
ト止めでも支障は無いんですが、なんとなくクイックレバーにして
みました。



今回は、フロントハブだけ。ナット止めタイプとクイックタイプの
ハブ軸の太さは同じかと思ったんですが、クイックの方が若干太い
みたいです。ということで、ハブの中身を全部入れ替え。所々に加
工をしてクイック化。



ついでに、クランクのフィキシングボルトもアーレンキーで外せる
ものに交換。




ほとんど、見た目は変わってません。さて次はどうするかな。


(終わり)

愛車紹介
top