×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スプロケットの組み換え 2006.7.27.THU

ミニベロには11〜23Tのアルテグラのスプロケットがついています。 これで、平地から登坂まで問題なく走れるんですが、ふと思ったんです。


ミニベロにサイドバックを取付けて、長距離ツーリングをしてみたい…


こういうのはMERIDAが担当なんですが、是非ミニベロで。 という事で色々考えて、一番気になった所が11〜23Tのスプロケ。 流石に荷物を積んだ状態で23Tは…上りでキツイかなと。 ロードのスプロケは最大27Tだと思いますが、わざわざ購入する程 でも無いですし、お金も無いので…手持ちのスラムのMTB用スプロケ を利用して、27T化をします。

一見、一体型に見えるスプロケもアーレンキーで分解できます。 (スパイダーアームで連結されているタイプなど、一部分解出来ないものもありますが) まずはスラムのMTBのスプロケをアーレンキーで分解。



こんな感じにバラバラになります。次にアルテグラのスプロケを 取り外します。アルテグラのスプロケは、一部スパイダーアーム で連結されているので、完全にバラバラにする事は出来ません。

さて、どんな組み合わせにしようか…最初はクロスレシオにして、 最後はいきなり大きく。シマノのスプロケに「MEGARANGE」という ものが有りますが、極端な話これくらいでも良いかなと。ただ、 余り極端すぎると、うまく変速しなくなると思うので、ほどほどに。 その結果、こうなりました。



最後の2枚がスラム。11・12・13・14・15・17・19・24・28T。スラムのスプロケ に27Tが無かったので、28Tを入れてみたんですが…どうかな…?? もしかしたら、キャパオーバーで変速しないかも。。



スプロケが大きくなったので、チェーンも継ぎ足し。早速、混合スプロケを 装着したホイール取り付けて、変速実験。すると問題なく変速できました。



実際にサイドバックに荷物を入れて、登坂を上りましたが、なかなかGOOD。



(終わり)

愛車紹介
top